【お得情報センター】NISA相談サービス

無料相談のお申込みはこちら

*東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県以外のエリアはZOOMのみでの対応となります。

NISAとは??

NISAとは「小額投資非課税制度」のことで、一般的に証券口座で投資信託などの運用商品を買って利益が出た場合、利益の約20%が税金として課税されます。それがNISA口座で購入した場合、その税金がかからないという制度です。
>>NISA特設ウェブサイト(金融庁)

NISAとiDeCo(イデコ)どっちがいい??

NISAと合わせてiDeCo(イデコ)も検討をしている人が増えています。中には「NISAとiDeCoどっちがいいんだろう?」と悩んでいる人もいます。
>>iDeCo公式サイト
iDeCoもNISAと並んで素晴らしい制度なのですが、どちらが良いのかはあなた次第です。具体的には「年齢」「収入」「預貯額」「月々できる貯蓄額」などにより変わります。つまりNISA、iDeCoどちらがいいのかではなくあなたに合っているかどうかということです。

経験豊富なFPが診断します

効率よく貯蓄をしようと計画しても、その方法は複数あります。具体的には「NISA」「iDeCo(イデコ)」「積立保険」「会社の財形」「銀行貯金」などなど。
理想は全部するのが良いのですが、それぞれメリット・デメリットがあります。そもそもあなたの考え方次第で大きく変わります。ただ、自分だけで考えようとしても「どこから始めたらよいのか分からない・・・」となりがちです。そこであなたに代わって客観的にアドバイスしてくれお金のプロ「FP(ファイナンシャルプランナー)」をお得情報センターがご紹介します。

FP(ファイナンシャルプランナー)とは??

FP(ファイナンシャルプランナー)とはお金や税金のプロのことで、具体的には「資産運用」「住宅ローン」「相続」「保険」などのお悩みを解決してれます。
とは言え、FPと言っても保険専業のFPも多く活動しています。保険専業のFPに相談するとNISAなどの証券会社で取り扱っている金融商品は扱えないので、投資信託に関して詳しくないFPもいます。医師の資格があっても、外科や眼科など全ての診療科目が専門という医師がいないのと同じように。

お得情報センターが厳選したFPをご紹介します

お得情報センターでは証券外務員1級の資格、さらに保険商品も扱える資格も保有するFPのみをご紹介します。
積立保険だけ、NISAだけではなくあなたの状況に合わせて最適な貯蓄計画を立ててもらえます。

ライフプランの作成もご相談下さい

「運用してお金を増やしたいけど、損したらどうしよう?」とお悩みの人も多くいます。その解決方法は「あくまでも余裕資金で運用する」ことです。
ではあなたの資産や収入で運用に回しても良い予算はいくらでしょう?キャッシュフロー表を作成して今後のライフプランを考えることでその答えが得られます。
お得情報センターで運営する「無料ライフプラン作成サービス」を併用することで、よりあなたに合った貯蓄方法を見つける事が出来ます。
無料相談のお申込みはこちら

*東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県以外のエリアはZOOMのみでの対応となります。

ご相談の流れ

ご相談の流れ②ヒアリング
効率よく貯蓄する方法は千差万別で人それぞれ違います。具体的には「収入」「家族構成」「預貯金額」「月々可能な貯蓄額」「相続・贈与」などにより異なります。FPがあなたが気付かない所までヒアリングして、あなたの資産状況・運用に対する考え方などを伺います。
ご相談の流れ①仕組みのご説明
効率よく貯蓄するにはまず、複数あるお金の預け先のメリット・デメリットを正確に理解する必要があります。具体的には、銀行・証券会社(NISA、iDeCo、特定口座)・保険会社(積立保険)などなど。
「銀行にお金を預けるメリットってありますか?」と思う人もいるかもしれませんが、緊急予備資金として一定額を銀行に預けることも重要です。大事なのはバランスです。
ご相談の流れ③ご提案
FPがうかがった情報を元にあなたに合った貯蓄計画を立てます。

お客様の声

■安心して住宅ローンが組めました!
住宅FPに相談した夫婦
結婚を機に住宅購入を検討していました。ただ、初めての経験なので,、いくら位の価格の住宅を検討すればよいのか全く分かりませんでした。そこで【住宅FP】にキャッシュフロー表を作成してもらい、我が家の収入と支出で無理のない住宅の予算の上限を試算してもらいました。その結果、我が家の適切な住宅予算が分かり、安心して住宅を選ぶことが出来ました。また、今まで夫婦でお金の話をする機会がなかったので、家庭の中でどれだけお金が使われているのが分かりすっきりしました。今後の貯金の計画も【住宅FP】に相談して、今後かかる教育資金もクリアした上で、老後資金も積み立てる計画を立ててもらい、老後資金の心配もなくなりました。

お金の心配がなくなり満足しています!

■戸建てがいい?マンションがいい?
住宅FPから説明を受ける人
子供が小学校に入る前にマイホームを購入しようと検討を始めました。まずは戸建てがいいのか、戸建てがいいのかから考え始めたのですが、答えが見つからず悩んでいました。そこで【住宅FP】に相談してマンション・戸建てのメリット・デメリットを教えてもらいました。特に購入後の維持費の考え方が違うと知り、大きな判断材料になりました。また、気になっていた住宅ローン減税も細かく教えてもらい、住宅ローンを選ぶ際にとても参考になりました。やっぱり自分でネットなどで調べるより、専門家に聞いた方が早いと感じました。
■どうやって住宅ローンを組むとお得?
住宅ローン相談中
共働きなので夫婦で住宅ローンを組んだ方が良いのか悩んでいました。【住宅FP】に相談したところ「住宅ローンで借りる金額」「住宅ローン控除」「頭金の額」などによってトータルの支払額が変わることを知りました。まずはキャッシュフロー表を作ってもらい予算を決めた結果、夫婦で組んだ方が住宅ローン控除を夫婦で受けることが出来てお得と分かりました。また、親からの援助も贈与税がかからない方法があると聞き、親と相談したところ、私のために貯金していたお金があるとのことで、贈与税がかからない方法をアドバイスしてもらいました。思いもよらず親からの援助で頭金も増えて、お得に住宅ローンが組めて本当良かったです!

お申込みの流れ

ステップ1仕組みのご説明

無料住宅ローン相談を申し込む人
無料相談のお申込みはこちら

*東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県以外のエリアはZOOMのみでの対応となります。

「お申込みはこちら」より必要事項をご入力いただきご予約下さい。

【ステップ1】
無料住宅ローン相談を申し込む人

*東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県以外のエリアはZOOMのみでの対応となります。

「お申込みはこちら」より必要事項をご入力いただきご予約下さい。

矢印

【ステップ2】
無料住宅ローン相談に対応する人
お客様のエリア・ご予定に合わせて当センターが厳選した【住宅FP】を決定します。【住宅FP】よりお客様へ直接ご連絡差し上げますので、日程・ご面談場所を調整して下さい。

矢印

【ステップ3】
無料住宅ローン相談を受ける夫婦
【住宅FP】が訪問して住宅購入に関わるお悩みをおうかがいします。何時間・何回ご相談いただいても、料金は発生いたしません。

よくあるご質問

【Q】どれ位の価格の住宅が購入できるのかな??
【A】はい、【住宅FP】があなたに合った予算を試算します。


「銀行から借りられる金額」と「安心して返済できる金額」は違います。【住宅FP】があなたオリジナルのキャッシュフロー表を作成して「安心して返済できる金額」を試算します。

【Q】頭金はどの位入れた方がよいのかな??
【A】無理して頭金を入れる必要はありません。


手元にキャッシュを残しておくことも重要です。また、住宅ローン控除があるので、あえて頭金を入れず10年間(*)は控除の恩恵を受けた方が良い場合もあります。それも【住宅FP】が試算してアドバイしてくれます。
*消費税10%時は13年間

【Q】固定金利と変動金利とどちらがいい??
【A】各ご家庭の事情によって変わります。


固定金利と変動金利どちらが向いているかは「繰上返済をどのように考えているか」などによって異なります。【住宅FP】が細かくヒアリングした上でアドバイスしてくれます。

【Q】お得な住宅ローンの組み方を教えて!
【A】【住宅FP】があなたに合った住宅ローンの組み方をアドバイスしてくれます。


【住宅FP】が家族構成・収入・希望購入価格・などヒアリングしてキャッシュフロー表を作成の上、最もお得な住宅ローンの組み方をアドバイスします。

【Q】教育資金や老後資金も心配です・・・
【A】【住宅FP】がキャッシュフロー表を作成して検証します。


【住宅FP】がキャッシュフロー表を作成すれば、住宅ローンの支払いだけでなく、教育資金や老後資金まで資金計画を立てることが出来ます。

【Q】相続や贈与のことも教えて欲しい。
【A】【住宅FP】は住宅購入に関わるお金のことならアドバイスできます。


住宅購入時に贈与を受ける人が最近増えています。また相続対策で住宅を購入するケースも多く、【住宅FP】はそれらもアドバイスできます。

【Q】まだ家を購入するか決まっていませんが、相談しても大丈夫ですか?
【A】もちろん、大丈夫です。


すぐに購入しなくても、将来の参考としてご相談されるということでも大丈夫です。

【Q】【住宅FP】に相談したら費用はかかりますか?
【A】いいえ、ご相談だけでしたら費用はかかりません。


登録している【住宅FP】とハウスメーカーからの販売促進費で運営しているため、お客様からの費用は一切かかりません。

【Q】【住宅FP】は何回まで相談できますか?
【A】回数に関係なく、お客様のお悩みが解決するまでご対応します。


【住宅FP】は担当制になっています。お客様がご満足するまでご相談下さい。また【住宅FP】にご不満がある場合は担当者を変更することも可能ですのでお申し出下さい。

「無料 NISA相談サービス」にお申込み

無料相談のお申込みはこちら

*東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県以外のエリアはZOOMのみでの対応となります。

タイトルとURLをコピーしました